逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
わいせつ事件に強い弁護士をお探しならATOM
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
強姦の前科や逮捕を防ぐには?動画で解説

強姦行為で警察沙汰になった時

何をどうすればいい?

逮捕されたらどうなる?

刑務所行きになってしまう?

被害者と示談できないか?

bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で強姦事件に関与してしまってお困りの方だと思います。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

強姦トラブルは、その後の対応によって、加害者側(加害者扱いされてしまっている側)が受ける処分の内容がまったく異なってきます。強姦トラブルを穏便に解決するためには、シンプルに考えて、ひとつひとつ確実にステップを踏んでいくことが大切です。

まず、もしまだ警察沙汰になっていないのであれば、相手方と示談をしてトラブルを解決することができます。早い段階で示談が成立すれば、刑事事件にはならないため、前科がつかないばかりか、マスコミに実名報道されないため、その後の社会復帰がスムーズです。

また、もし既に警察沙汰になっているとしても、強姦罪は親告罪です。相手方と示談が成立して告訴が取り消されれば、事件が起訴されることはないので安心です。示談は事件が起訴される前に締結する必要があります。一度事件が起訴されると、示談が成立しても起訴が取り消されることはありません。

なお、強姦したつもりはないのに、相手方から「強姦された」と主張されるケースも多いです。このようなケースでは、弁護士を立てて、ご自身の言い分をしっかりと主張することが大切です。弁護士が法律的に対応することで、ご自身の疑いが晴れるケースも多いからです。

いずれにせよ、まずは、弁護士事務所に問い合わせの電話を入れてみましょう。問い合わせそれ自体は無料です。自分の現状を客観的に把握するためにも、弁護士事務所に問い合わせを入れて、法律相談が必要な事態かどうかを確認してみるのがよいでしょう。弁護士の法律相談を受ければ、何をすれば事件が解決するかを知ることができます。

事件の内容や事態の状況に応じた解決策を知ることは、トラブルを穏便に解決する第一歩です。あまり難しく考えずに、シンプルにひとつひとつステップを踏んでいって、穏便にトラブルを解決したいところです。

強姦事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

解決事例とお客様の声

「実刑確実の罪が不起訴。警察官も弁護士の働きに驚く。」
「息子の立場になって弁護してくれたおかげで無罪。」
「逮捕で不安なとき、弁護士が心強く、結果も不起訴。」
「警察・検察官対応の的確なアドバイスがあり助かった。」
「事件最中から最後まで、心を幾度となく救ってくれた。」
「こんなに早く普段の生活に戻れるとは思っていなかった。」
「親切で親身な対応に感謝。無事に不起訴となり安心。」
「弁護してもらい不安解消できた。今は、不安の無い生活。」
無料相談あり24時間365日営業

「実刑確実の罪が不起訴。警察官も弁護士の働きに驚く。」
「息子の立場になって弁護してくれたおかげで無罪。」
「逮捕で不安なとき、弁護士が心強く、結果も不起訴。」
「警察・検察官対応の的確なアドバイスがあり助かった。」
「事件最中から最後まで、心を幾度となく救ってくれた。」
「こんなに早く普段の生活に戻れるとは思っていなかった。」
「親切で親身な対応に感謝。無事に不起訴となり安心。」
「弁護してもらい不安解消できた。今は、不安の無い生活。」

無料相談から解決の流れ

強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

強姦事件のよくある相談

強姦事件のよくある相談

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ

twitter-timeline

Copyright © Takeshi Okano All Rights Reserved.