先週、歯科助手の一人暮らしの二番目の弟が、婦女暴行の嫌疑で、検察官から逮捕状の請求があったとして、東京の警視庁の田無警察署に逮捕されました。

その後、弟の強姦事件は、東京地検に送致され、東京地裁の判断により、逃亡の積極的な意図があるとして勾留されることになりました。弟はクラブで知り合った20代の女性の意思に反して襲ったらしいのです。被害者の女性は被害届の提出を予定しているようです。

家族が逮捕されている場合に無料相談を実施している法律事務所をunDonutで検索したところ、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

最も不安なのは、逮捕後の流れについてです。強姦事件では、どのような場合に実刑を免れていますか?実刑にならないようにするために、被害者女性との示談交渉について相談したいです。また、弁護士と接見できる頻度や、留置場の人権の保護について知りたいと思っています。さらに、弟の仕事への影響を心配しています。弟の歯科助手の資格は取り消されますか?

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。