先日、ファッションビジネスに関わる資格を有するしばらく会っていない弟が、婦女暴行のトラブルで、逮捕の必要性があるとして、大阪府警察の富田林警察署に逮捕されました。

その後、弟の強姦事件は、大阪地検に送られ、大阪地裁の裁判官の判断により、罪証隠滅により公判審理に不当な影響を及ぼすおそれがあるとして勾留が決定されました。弟は13才未満の女子を襲ったらしいのです。被害者の女性は被害届の提出を予定しているようです。

「24時間」専属スタッフがいる法律事務所をSleipnir2で検索していたら、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

一番の心配事は、起訴猶予になるかどうかです。強姦事件では、どれ位の割合で裁判を免れることができますか?裁判を免れるために、被害者女性との示談成立は有効ですか。また、弟の職場への影響を懸念しています。弟のファッションビジネスに関わる資格は資格停止になりますか?さらに、逮捕と任意同行を拒否できるかや、留置場での面会について教えてください。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。