逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
わいせつ事件に強い弁護士をお探しならATOM
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • 強姦で逮捕されたくない
強姦の前科や逮捕を防ぐには?動画で解説

強姦で逮捕されたくない

強姦事件を警察に立件されないようにする為には、どうすればよいでしょうか?

強姦事件の主な解決方法
警察介入前 相手方と示談を締結する。
→ 事件は立件されません。
逮捕前 被害者と示談を締結し、告訴を取り消す。
→ ご相談者は逮捕されません
起訴前 被害者と示談を締結し、告訴を取り消す。
→ 事件は起訴されません前科が付きません
起訴後 被害者と示談を締結する。
→ 執行猶予の可能性が高まります。

強姦罪は、刑法の中でも重たい犯罪です。被害届が提出され、立件されれば、逮捕・勾留・起訴される可能性が高いです。

また、強姦の刑事裁判では、示談が成立していなければ、初犯でも実刑判決(刑務所行きの判決)になるケースが多いです。

強姦罪で逮捕されたくない場合は、弁護士を立てて、示談を進めることが大切です。告訴が取り消されれば、逮捕されません

強姦 逮捕ガイド
通常逮捕 逮捕状に基づく逮捕の場合です。
→ 被害者が被害届を提出し、警察がこれに基づき逮捕状を請求したケースなど。
現行犯逮捕 強姦の犯行現場で逮捕される場合です。
→ 目撃者が強姦の犯行現場を現認し、そのまま犯人を逮捕したケースなど。

よくある強姦の弁護士相談

昔の恋人と久しぶりに会った際にセックスをしたら、後になって「無理やり犯された」と言われました。

その相手とは、4年ほど前から3年間にわたってつき合っていました。一時は結婚を考えたこともありましたが、最終的には性格が合わなくて別れました。その後は音信不通になっていましたが、先日、相手から「久しぶりに東京に来たんだけど、会えない?」というメールが来たのです。

私には新しい恋人がいましたが、懐かしさに駆られて会ってしまいました。待ち合わせてから食事をしているうちに、昔の感覚が蘇ってきて、セックスをしたくなってしまいました。食事の後で「ホテルに行かない?」と誘ってみたら、向こうも頷いてついてきました。ホテルに入ってシャワーを浴び、ベッドに並んで座っていたら、何とはなしにいい雰囲気になり、キスをしてみました。相手も嫌がらなかったので、そのままセックスをしました。

翌朝、特に気まずい雰囲気になることもなく別れたのですが、後日になって、「あの日に無理やり犯されたのがショックで、精神的に不安定になってしまいました。警察に訴えます」というメールが来たのです。

私は新しい恋人と結婚するつもりなので、今回の件で逮捕されると、非常にまずいことになります。逮捕されることだけは避けたいです。

よくある解決パターン

アトムに依頼したら、相手との折衝をすべて引き受けてくれました。弁護士は、相手が精神的に不安定になっている可能性があるからといって、なるべく刺激しない方法で連絡をとり、丁寧に話を進めてくれました。そのたびにこまめに報告してくれたので、安心できました。

弁護士は最終的には、お互いに一切接触しないという内容で示談をまとめてくれました。おかげで警察沙汰になることも避けられ、今の恋人にも今回のことを知られずに済みました。穏便に解決してくれて、大変感謝しています。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ

無料相談

facebook

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ