全治2週間と診断された強姦致傷罪に関する相談事を取り扱っています。

お手元のスマートフォンを使って土日法律相談できます。

【よくある相談例】

私は山口県の宇部で暮らす今50歳の研究者です。学生のころは吹奏楽部に所属し、その後は研究者の仕事に就いた人並みの人間です。

友人は民生用電子組立工をしているのですが山口県の宇部警察署に強姦罪容疑で取り調べを受けています。

まさかしがない研究者である私の友人が強姦事件の容疑者として捕まるなど思いもよりませんでした。

友人は警察に対して「彼女にはお詫びをしたい。」と自白しています。

友人のお詫びをしたいという反省を被害者側に伝え怒りをおさめてもらうために弁護士に相談したいと思います。私が直面している強姦事件の心配を弁護士に土日法律相談することは可能でしょうか?山口県の宇部から土日法律相談が利用できる弁護士を検討しています。

【全治2週間と診断された強姦致傷罪の土日法律相談なら】

山口県に住む方の全治2週間と診断された強姦致傷罪の悩みでも、土日法律相談で大丈夫です土日法律相談のリクエストはお手元のスマートフォンからすぐ。全治2週間と診断された強姦致傷罪でお悩みならすぐにでも弁護士に土日法律相談することが可能です。その場でご相談ください。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。