強姦致傷事件の後日に関する困り事は当事務所まで。

自分のスマホで夜間相談をお気軽にご利用下さい。

【よくある相談例】

私は鹿児島県の日置近郊に住む今33歳になる医療技術者です。若いころは落語研究会で活動し、その後は医療技術者の仕事に就いたごく普通の一市民です。

まさか凡庸な医療技術者である私の従兄弟が強姦の疑いで捕まるとは未だに信じられません。従兄弟は社会福祉施設指導員をしているのですが鹿児島県の日置警察署に強姦罪の疑いで拘置されました。

従兄弟いわく「相手に対し詫びねばならない。」と言ってるとのことです。

私の頭痛の種である強姦に関する心配事を弁護士に夜間相談する手段はありませんか?鹿児島県の日置に住む人間が夜間相談が利用できる弁護士法人を求めています。従兄弟の詫びねばならないという考えを被害者側に伝え和解するために弁護士に意見を聞きたいと希望します。

【強姦致傷事件の後日に関しての夜間相談なら】

鹿児島県に住む方の強姦致傷事件の後日の悩みでも、夜間相談できます。強姦致傷事件の後日で心配ならさっそく弁護士に夜間相談することができます。夜間相談の要請は自分のスマホからすぐ。すぐさまお申込みください。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。