この前、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者の一人暮らしの二番目の弟が、強姦のトラブルで、通常逮捕の要件を満たしたとして、東京の警視庁の南大沢警察署に逮捕されました。

その後、弟の強姦事件は、東京地検に送致され、東京地裁の裁判官の判断により、時間の制限内に適法な勾留請求があったとして勾留されることになりました。弟はクラブで知り合った女子高校生を強姦したと当番弁護士から連絡がありました。被害者の女性から告訴状が提出されたと聞きました。

駅からアクセスしやすい法律事務所をLunascape Liteで探していたら、アトムのホームページを見つけました。

弟の勤め先への影響が心配です。弟の特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者の資格は資格停止になりますか?また、弁護士との接見は警察署で出来るのかや、留置場内でのズボン着用について知りたいです。さらに、一番心配なのは、逮捕されたら必ず前科が付いてしまうかどうかです。どのような場合に執行猶予が付きますか?執行猶予の獲得のために、被害者女性との示談成立は有効ですか。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。