酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の一人暮らしの二番目の息子が、婦女暴行のトラブルで、行われた罪と犯人との結びつきが逮捕者に明白であるとして、兵庫県警察の佐用警察署に準現行犯逮捕されました。

その後、息子の強姦事件は、神戸地検に送致され、神戸地裁の判断により、検察官の勾留請求があったとして勾留されることになりました。息子はカラオケボックスで見かけた面識のない女子高校生をレイプしたと当番弁護士から連絡がありました。被害者の女性から告訴状が提出されたと聞きました。

駅からアクセスしやすい法律事務所をDisney Mobile on docomo F-03Fで検索したところ、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

息子の勤め先への影響を懸念しています。息子の酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の資格は剥奪されますか?また、最も聞きたいのは、どのような場合に前科がつくのかということです。逮捕から釈放までの流れを教えてください。早期の釈放のために、被害者女性との示談交渉を検討しています。さらに、逮捕と警察から疑いをかけられる場合や、留置場での運動に関して教えてください。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。