先日、法律職の次男が、婦女暴行の嫌疑で、犯人であることを疑わしめる客観的・合理的な事情があるとして、神奈川県警察の大船警察署に逮捕されました。

その後、次男の強姦事件は、横浜地検に送致され、横浜地裁の裁判官の判断により、事案の真相を隠蔽するおそれがあるとして勾留が決定されました。息子はインターネットカフェで女性に対して性的暴行を加えたそうです。被害者の女性から告訴状が提出されたと聞きました。

刑事弁護専門のプロの助言を受けられる法律事務所をOperaで探したところ、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

息子の職場への影響が心配です。息子の法律職の資格は剥奪されますか?また、一番の不安事は、実刑判決が下されるかどうかです。強姦事件で起訴される割合について知りたいです。起訴を回避するために、被害者女性との示談成立は有効ですか。さらに、逮捕と突然逮捕されるケースや、留置場にいる妊婦に関して教えて欲しいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。