1ヶ月前、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者のしばらく会っていない一番下の弟が、婦女暴行の疑いで、目撃者の供述があるとして、神奈川県警察の横浜水上警察署に逮捕されました。

その後、弟の強姦事件は、横浜地検に送られ、横浜地裁の裁判官の判断により、証拠に接触するおそれが強いとして勾留が決定されました。弟はマンションの隣の部屋に住む女子高校生に対して婦女暴行行為をしたと警察から連絡がありました。被害者の女性から被害届が提出されたそうです。

深夜の刑事弁護の依頼にも対応できる法律事務所をぶら。で検索したところ、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

一番知りたいのは、実刑判決が下されるかどうかです。強姦事件の釈放のタイミングを教えてください。早期の釈放のために、被害者女性との示談交渉は有効ですか?また、弁護士と接見できる頻度や、留置場で必要なものについて教えてください。さらに、弟の勤め先への影響を懸念しています。弟の特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者の資格は剥奪されますか?

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。