先月、セキュリティ技術者の二番目の弟が、婦女暴行の嫌疑で、帽子に犯罪の顕著な証跡があるとして、神奈川県警察の戸塚警察署に準現行犯逮捕されました。

その後、弟の強姦事件は、横浜地検に送られ、横浜地裁の裁判官の判断により、所在不明となる可能性があるとして勾留されました。弟はカラオケボックスで見かけた面識のない女子大生を襲ったと当番弁護士から連絡がありました。被害者の女性は告訴状の提出を予定しているようです。

多数の示談経験のある法律事務所をOperaで検索したところ、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

最も不安なのは、裁判になるのを回避できるかどうかです。強姦事件では、どれ位の割合で裁判を免れることができますか?裁判を免れるために、被害者女性との示談成立は有効ですか。また、弟の仕事への影響を心配しています。弟のセキュリティ技術者の資格は資格停止になりますか?さらに、逮捕と警察の関係や、留置場内にある病院に関して知りたいと思っています。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。