1ヶ月前、半導体技術者のしばらく会っていない末の弟が、婦女暴行の容疑で、犯行を現認した者が引き続き追呼したとして、大阪府警察の高石警察署に準現行犯逮捕されました。

その後、弟の強姦事件は、大阪地検に送られ、大阪地裁の裁判官の判断により、親の確実な身元引受けがないとして勾留されることになりました。弟は車に引き入れて若い女性に対して性的暴行を加えたと当番弁護士から連絡がありました。被害者の女性は告訴状の提出を予定しているようです。

早朝の刑事弁護の依頼にも対応できる法律事務所をインターネットで探したところ、アトムのホームページを見つけました。

弟の勤め先への影響が心配です。弟の半導体技術者の資格は資格停止になりますか?また、弁護士と接見時の手錠や、留置場への現金の差し入れに関して知りたいです。さらに、なにより不安なのは、不起訴処分になるかどうかです。早期の釈放に向けた弁護活動について知りたいです。早期の釈放のために、被害者女性との示談交渉も検討しています。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。