1ヶ月前、手溶接技能者の次男が、強姦の容疑で、逮捕の必要性があるとして、神奈川県警察の旭警察署に逮捕されました。

その後、次男の強姦事件は、横浜地検に送られ、横浜地裁の裁判官の判断により、事件関係者に対する働きかけが予想されるとして勾留になりました。息子は出会い系サイトで出会った若い女性と無理矢理セックスしたらしいのです。被害者の女性は告訴状の提出を予定しているようです。

24時間365日体制で専属スタッフがいる法律事務所をAQUOS ZETA SH-04Fで検索したところ、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

一番の懸念事項は、前科が付く可能性についてです。前科が付かない方法はありますか?被害者女性との示談も検討しています。また、逮捕と冤罪や、留置場にいる収容者の平均年齢について知りたいです。さらに、息子の仕事への影響を懸念しています。息子の手溶接技能者の資格は取り消されますか?

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。