この前、危険物取扱者の二番目の息子が、強姦のトラブルで、逮捕状の請求が却下されなかったとして、京都府警察の中京警察署に逮捕されました。

その後、息子の強姦事件は、京都地検に送られ、京都地裁の裁判官の判断により、自己の刑事責任の不当な軽減を図るおそれがあるとして勾留されました。息子はサークルの友人と無理矢理セックスしたらしいのです。被害者の女性から被害届が提出されたそうです。

今すぐに接見を依頼できる法律事務所をfub.net(fub_net)で検索していたら、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

逮捕と検察の関係や、留置場で過ごす夏について教えてください。また、一番の心配事は、起訴されるかどうかです。強姦事件では、どのような場合に実刑を免れていますか?実刑にならないようにするために、被害者女性との示談交渉について相談したいです。さらに、息子の職場への影響を心配しています。息子の危険物取扱者の資格は取り消されますか?

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。