先週、ビジネス実務士の二番目の兄が、婦女暴行の刑事事件で、現行犯逮捕の手続きを経たとして、京都府警察の福知山警察署に逮捕されました。

その後、兄の強姦事件は、京都地検に送致され、京都地裁の判断により、家出期間が長期間にわたるとして勾留が決まりました。兄は酒を飲ませて、サークルの後輩に乱暴したと当番弁護士から連絡がありました。被害者の女性から被害届が提出されたと聞きました。

刑事弁護専門のプロの助言を受けられる法律事務所をARROWS NX F-05Fで検索したところ、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

一番心配なのは、裁判になるかどうかです。早期の釈放に向けた弁護活動について教えてください。早期の釈放のために、被害者女性との示談交渉も検討しています。また、兄の職場への影響を懸念しています。兄のビジネス実務士の資格は取り消されますか?さらに、逮捕とその後の手続きや、留置場への郵送による差し入れに関して知りたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。