先月、金融ディーラーの実家を出た末の弟が、婦女暴行の容疑で、犯罪事実と被疑者の結びつきがあるとして、埼玉県警察の鴻巣警察署に逮捕されました。

その後、弟の強姦事件は、さいたま地検に送致され、さいたま地裁の判断により、定まつた住居を有しないとして勾留が決まりました。弟はストーカーしていた20代の女性と無理矢理セックスしたらしいのです。被害者の女性は被害届の提出を予定しているようです。

24時間365日体制で専属スタッフがいる法律事務所をLunascape6で探していたら、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

弁護士と接見が許される頻度や、留置場での収容者の扱いについて知りたいと思っています。また、弟の職場への影響が心配です。弟の金融ディーラーの資格は剥奪されますか?さらに、一番知りたいのは、前科が付く可能性についてです。今回の事件では、早期の釈放は望めますか?早期の釈放のために、被害者女性との示談成立は有効ですか?

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。