先日、映像・映画作りの資格を有する息子が、婦女暴行のトラブルで、犯人であることを疑わしめる客観的・合理的な事情があるとして、東京の警視庁の小岩警察署に逮捕されました。

その後、息子の強姦事件は、東京地検に送られ、東京地裁の裁判官の判断により、勾留の要件を満たすとして勾留になりました。息子はクラブで知り合った女子高校生をレイプしたと当番弁護士から連絡がありました。被害者の女性から被害届が提出されたそうです。

「刑事事件に強い弁護士」をスマートフォンで探したところ、アトムのホームページを見つけました。

最も心配なのは、前科が付かない方法です。強姦事件の釈放のタイミングを教えてください。早期の釈放のために、被害者女性との示談交渉は有効ですか?また、逮捕と逮捕される基準や、留置場の弁当について知りたいです。さらに、息子の仕事への影響が心配です。息子の映像・映画作りの資格は資格停止になりますか?

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。