自動車に関する資格を有する末の息子が、強姦の疑いで、犯罪終了後から連続して犯人と呼称されていたとして、東京の警視庁の八丈島警察署に準現行犯逮捕されました。

その後、息子の強姦事件は、東京地検に送られ、東京地裁の裁判官の判断により、客観的な事実と矛盾する供述を繰り返しているとして勾留されることになりました。息子は愛人に対して性的暴行を加えたと当番弁護士から連絡がありました。被害者の女性から被害届が提出されたそうです。

24時間365日体制で専属スタッフがいる法律事務所をDisney Mobile on docomo F-03Fで探したところ、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

一番聞きたいのは、どうすればすぐに釈放してもらえるのかどうかです。今回の事件で前科は付きますか?前科が付かないようにするために、被害者女性との示談は有効ですか?また、息子の仕事への影響を心配しています。息子の自動車に関する資格は資格停止になりますか?さらに、逮捕と拘留の違いや、留置場の保護房について教えてください。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。