メイク・ネイル・エステの資格を有する実家を出た一番上の兄が、強姦の刑事事件で、犯人と他人を混合するおそれが全くないとして、埼玉県警察の羽生警察署に準現行犯逮捕されました。

その後、兄の強姦事件は、さいたま地検に送られ、さいたま地裁の裁判官の判断により、逃亡し又は逃亡すると疑うに足りる相当な理由があるとして勾留が決まりました。兄は駅のトイレに連れ込んで20代の女性に乱暴したと警察から連絡がありました。被害者の女性から被害届が提出されたと聞きました。

多数の示談経験のある法律事務所をスマートフォンで探したところ、アトムのホームページを見つけました。

一番の心配事は、起訴されるかどうかです。強姦事件で執行猶予が付く可能性はありますか?執行猶予のために、被害者女性との示談交渉を検討しています。また、兄の職場への影響を心配しています。兄のメイク・ネイル・エステの資格は剥奪されますか?さらに、弁護士と警察署で接見できる時間帯や、留置場からの郵送に関して知りたいと思っています。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。