この前、化学技術者の実家を出た次男が、強姦の嫌疑で、客観的な根拠があるとして、京都府警察の城陽警察署に逮捕されました。

その後、次男の強姦事件は、京都地検に送致され、京都地裁の裁判官の判断により、罪証隠滅の効果を生じさせる可能性があるとして勾留が決定されました。息子はキャバ嬢の意思に反して襲ったと警察から連絡がありました。被害者の女性は被害届の提出を予定しているようです。

「強姦に強い弁護士」をAvantBrowserで探していたら、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

息子の仕事への影響が心配です。息子の化学技術者の資格は取り消されますか?また、逮捕と精神病の治療や、留置場への手紙に関して教えて欲しいです。さらに、最も心配なのは、逮捕から起訴までの流れについてです。強姦事件で起訴される割合について知りたいです。起訴を回避するために、被害者女性との示談成立は有効ですか。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。