1ヶ月前、医療情報管理者の実家を出た三男が、婦女暴行の嫌疑で、制服警官の姿を見て逃げ出したとして、大阪府警察の大正警察署に準現行犯逮捕されました。

その後、三男の強姦事件は、大阪地検に送られ、大阪地裁の判断により、罪証隠滅のおそれがあるとして勾留が決まりました。息子はナンパした20代の女性に乱暴したと当番弁護士から連絡がありました。被害者の女性から被害届が提出されたそうです。

専属スタッフの親身な対応を受けることができる法律事務所をAQUOS ZETA SH-04Fで探したところ、アトムのホームページを見つけました。

なにより不安なのは、釈放のタイミングについてです。強姦事件では、どれ位の割合で裁判を免れることができますか?裁判を免れるために、被害者女性との示談成立は有効ですか。また、息子の勤め先への影響を心配しています。息子の医療情報管理者の資格は資格停止になりますか?さらに、逮捕と任意同行を拒否できるかや、留置場内いる未成年者について教えて欲しいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。