先週、司法書士の実家を出た息子が、婦女暴行の疑いで、犯人である疑いがあるとして、東京の警視庁の小松川警察署に逮捕されました。

その後、息子の強姦事件は、東京地検に送致され、東京地裁の裁判官の判断により、罪証隠滅の意図が推認されるとして勾留になりました。息子は出会い系アプリで知り合った中学生を無理矢理犯したそうです。被害者の女性から告訴状が提出されたと聞きました。

駅からアクセスしやすい法律事務所をFirefoxで探していたら、アトムのホームページを見つけました。

息子の勤め先への影響が心配です。息子の司法書士の資格は資格停止になりますか?また、最も知りたいのは不起訴処分を獲得できるかどうかです。早期の釈放に向けた弁護活動について知りたいです。早期の釈放のために、被害者女性との示談交渉も検討しています。さらに、逮捕と精神病の治療や、留置場へのタオルの差し入れに関して教えて欲しいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。