先日、点字通訳者の一人暮らしの長男が、強姦の嫌疑で、犯罪の実行行為を行ないつつあるとして、愛知県警察の緑警察署に現行犯逮捕されました。

その後、長男の強姦事件は、名古屋地検に送致され、名古屋地裁の裁判官の判断により、所在不明になるおそれがあるとして勾留になりました。息子はネットのアプリで知り合った若い女性に乱暴したと警察から連絡がありました。被害者の女性から告訴状が提出されたと聞きました。

「刑事事件に強い弁護士」をDonut RAPTで検索していたら、アトムのホームページを見つけてすぐに連絡しました。

逮捕と起訴から裁判までの流れや、留置場の独居房について知りたいです。また、最も心配なのは、前科が付くかどうかです。強姦事件では、どれ位の割合で実刑判決が下されていますか?実刑回避のために、被害者女性との示談交渉を検討しています。さらに、息子の勤め先への影響を心配しています。息子の点字通訳者の資格は剥奪されますか?

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。