逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
わいせつ事件に強い弁護士をお探しならATOM
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • 強姦の裁判を避けたい
強姦の前科や逮捕を防ぐには?動画で解説

強姦の裁判を避けたい

強姦事件で裁判になることを避けるためには、何をすることが大切なのでしょうか?

強姦の裁判とは
民事裁判 強姦被害者が強姦加害者を訴える。
→ 加害者に対する賠償の支払いを求める裁判。
刑事裁判 検察官が強姦犯人を訴える。
→ 加害者に対する刑罰を求める裁判。

強姦の民事裁判とは、強姦の被害者が強姦の加害者を訴える場合です。強姦の民事裁判を避けるためには、裁判になる前に、示談や和解でトラブルを解決することが大切です。

強姦の刑事裁判とは、検察官が強姦の犯人を訴える場合です。強姦の刑事裁判を避けるためには、起訴される前に、示談で告訴を取り消し、検察官に提出することが大切です。

強姦罪は、告訴がなければ事件を起訴することができない「親告罪」という犯罪です。被害届が提出されても、後に告訴が取り消されれば、刑事裁判になることはありません

強姦裁判ガイド
通常の事件 親告罪ではない。
→ 起訴前に示談が成立しても、刑事事件として起訴され刑事裁判になる可能性あり。
強姦事件 強姦罪は親告罪である。
→ 告訴の取消しで刑事裁判にならない
→ 告訴の取消は起訴前に限り認められる。

よくある強姦の弁護士相談

酔った勢いで、職場の後輩とセックスをしてしまいました。

その日は会社が休みで、職場の同期や後輩と、私の部屋で飲んでいました。男性は私と同期1人、女性は後輩2人でした。飲み始めて3時間ほど経ち、後輩のうち1人が終電があるといって帰りました。同期はその子を駅まで送りに行きました。もう1人の後輩は、家が近くなのでもう少し飲んでいくといって部屋にとどまりました。

部屋には私と後輩の2人きりになり、何となくいい雰囲気になり、後輩にキスをしてみました。後輩は嫌がらなかったので、服を脱がせてセックスをしました。

後輩は私の部屋から帰る時も怒った雰囲気はありませんでした。しかし翌週、職場で後輩と会った時、「私、先輩にされたことですごく傷ついてます。部長や警察に訴えようかと思ってます」と言ってきたのです。

あの件は合意の上だったと思うのですが、騒ぎになるだけで職場にいづらくなります。しかも、もし裁判になったら公開の法廷で裁かれます。さらに、もし有罪になったら、前科がついて、海外旅行の際にビザが取れなくなったりすると聞いています。

そういったことを考えると、後輩とこれ以上揉めるのが怖いです。

よくある解決パターン

アトムに相談して依頼したところ、弁護士は間に入って後輩と連絡をとり、交渉を進めてくれました。後輩は私とは話してくれなくなっていたので、弁護士が入ったことで話がスムーズに進んで助かりました。

弁護士は後輩と直接会い、1回で話をまとめてきてくれました。話の内容は、後輩は今回のことを職場の誰にも言わない、警察にも通報したり被害届を出したりしない、もしこれに違反したときは示談金を返還する、というものでした。

その後、私は何事もなく仕事を続けることができており、大変ホッとしています。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ

無料相談

facebook

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ