逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 神戸市の弁護士

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更があります。詳しくはこちらをご覧ください。

神戸市の弁護士

神戸市で起きた強姦事件の対応は、アトム弁護士事務所大阪支部にお任せください。

フリーダイヤルは24時間365日おかけいただけます。携帯電話からも通話可能です。匿名・非通知でも結構です。お一人で悩まず、弊所にお電話ください。
また、兵庫県弁護士会に問い合わせることで、神戸市の弁護士について知ることができます。

アトム弁護士事務所大阪支部
所属 大阪弁護士会
住所 大阪市北区曽根崎2−5−10
梅田パシフィックビル2階
最寄り駅 御堂筋線梅田駅(徒歩5分)
JR大阪駅(徒歩6分)
谷町線東梅田駅(徒歩3分)
問い合わせ 0120−631−276
兵庫県弁護士会
住所 兵庫県神戸市中央区橘通1−4−3
最寄り駅 地下鉄大倉山駅西出口(徒歩3分)
地下鉄西元町西口(徒歩3分)
問い合わせ 078−341−7061

神戸市の強姦事件の弁護士無料相談

ご家族が逮捕・勾留中の方は、弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。神戸市の強姦事件でお悩みの方は、下記フリーダイヤルまでお電話ください。

muryosoudan-pctel-pc無料フォームで問い合わせる
kv-muryosoudan
kv-tel <!–maillink–>

神戸市の強姦事件の取り扱い

神戸市の強姦事件は、通常、神戸地方検察庁に送致され、神戸地方裁判所で裁判を受けることになります。

神戸地方検察庁
住所 神戸市中央区橘通1−4−1
神戸法務総合庁舎
最寄り駅 JR東海道本線・山陽本線(愛称神戸線) 
「神戸駅」から徒歩7分
問い合わせ 0799−22−0089
神戸地方裁判所
住所 兵庫県神戸市中央区橘通2−2−1
最寄り駅 JR神戸線 神戸駅 北徒歩7分
市営地下鉄 大倉山駅 南徒歩5分
問い合わせ 078−341−7521

神戸市の強姦事件の裁判例

事件名 強姦被告事件
裁判所 神戸地方裁判所
事件番号 平成17年(わ)第934号
主文 被告人を懲役4年6月に処する。
未決勾留日数中120日をその刑に算入する。
強姦の事実 被告人は、平成17年7月17日午前零時20分ころ、兵庫県A市B町a番C前歩道橋上において、通行中のDを認めて劣情を催し、強いて同女を姦淫しようと企て、その背後からいきなり両腕を同女(当時19歳)の首に巻き付けて後方に引き倒す等の暴行を加え、「声を出したら殺す。お前なんかすぐ殺せる。」旨申し向けて脅迫し、その反抗を抑圧して、同女を同所から同市E町b番c号所在のA市F小学校内に連行した上、同日午前1時ころから同日午前1時30分ころまでの間、同所において、上記暴行脅迫により畏怖している同女に対し、さらに、被告人に犯行を命じた者が付近から監視しているかのように装うなどして脅迫し、その反抗を抑圧して、強いて同女を姦淫した。
事件名 強姦致傷被告事件
裁判所 神戸地方裁判所
事件番号 平成16年(わ)第1179号
主文 被告人を懲役3年4月に処する。
未決勾留日数中80日をその刑に算入する。
強姦の事実 被告人は、平成16年8月11日午前10時5分ころ、兵庫県明石市A町a丁目b番c号Bビル3階「C校」において、勤務中の同校従業員D(当時22歳)を認め、同女以外には従業員が出勤していないことを確認するや、強いて同女を姦淫しようと企て、同女に対し、その顔面を手拳で殴打する暴行を加え、さらに仰向けに倒れた同女の顔面を手拳で数回殴打する暴行を加えて、その反抗を抑圧した上、強いて同女を姦淫しようとしたが、同女に抵抗されるなどしたためその目的を遂げず、その際、前記暴行により同女に加療約2週間を要する頭部外傷、前額部及び鼻翼部挫傷、鼻骨骨折等の傷害を負わせた。
事件名 強姦致傷被告事件
裁判所 神戸地方裁判所
事件番号 平成14年(わ)第745号
主文 被告人を懲役7年に処する。
未決勾留日数中170日をその刑に算入する。
押収してある五徳ナイフ1個(平成14年押第125号の1)を没収する。
強姦の事実 被告人は、平成14年6月13日午後4時30分ころ、学校から帰宅する途中のA(当時14歳)を見かけるや、同女を強姦しようと企て、兵庫県a郡b町cd番地付近路上において、同女に対し、「道を教えてくれる。」「ちょっと、分からへんから、ついて来てくれる。」などと声をかけ、同女を同町ce番地のf西方約100メ−トルの山林まで同行させ、同所において、背後から同女の頚部を腕で絞めつけ、所携の五徳ナイフ(刃体の長さ約6.2センチメ−トル、平成14年押第125号の1)を同女の左頬に突き付け、「騒ぐと殺すぞ。」などと脅迫して、同女を同町ce番地のf西方約150メ−トルの山林内に連行し、同所において、同女を引き倒し、「制服脱げ。パンツも脱げ。やらんかったら刺すぞ。」などと脅迫して、同女に命じて着衣を脱がせて全裸にし、同女の陰部に指を挿入するなどの暴行を加え、その反抗を抑圧した上、強いて同女を姦淫し、その際、前記暴行により、同女に加療約1週間を要する外陰部裂創の傷害を負わせた。

神戸市の強姦事件に対応しています。

アトム弁護士事務所では、下記のような「神戸市の強姦事件」に対応しています。

先月、機械技術者の息子が、強姦のトラブルで、犯罪事実の特定があるとして、兵庫県警察に逮捕されました。その後、息子の強姦事件は、神戸地検に送致され、神戸地裁の判断により、証拠に対する具体的な働きかけが予想されるとして勾留になりました。息子の機械技術者の資格は取り消されますか?また、逮捕と勾留や、留置場での暴行について知りたいです。
先日、福祉施設指導専門員の息子が、強姦の容疑で、不出頭により逮捕の必要性が裏付けられたとして、兵庫県警察に逮捕されました。その後、息子の強姦事件は、神戸地検に送られ、神戸地裁の裁判官の判断により、自己の刑事責任の不当な軽減を図るおそれがあるとして勾留になりました。弁護士と接見する時の通訳や、留置場での面会に関して知りたいと思っています。また、息子の福祉施設指導専門員の資格は剥奪されますか?
先週、マンションリフォ−ムマネジャ−の息子が、強姦の疑いで、裁判官のあらかじめ発する逮捕状があるとして、兵庫県警察に逮捕されました。その後、息子の強姦事件は、神戸地検に送致され、神戸地裁の判断により、罪証隠滅の実効性が認められるとして勾留されました。息子のマンションリフォ−ムマネジャ−の資格は剥奪されますか?また、逮捕と裁判までの流れや、留置場での服装について知りたいです。
先月、国家公務員の息子が、強姦の疑いで、逮捕を必要とする事由があるとして、兵庫県警察に逮捕されました。その後、息子の強姦事件は、神戸地検に送られ、神戸地裁の判断により、住居不定であるとして勾留になりました。弁護士と接見する時のル−ルや、留置場から送る手紙の検閲について知りたいです。また、息子の国家公務員の資格は取り消されますか?
先週、会社役員の息子が、強姦の疑いで、通常逮捕の要件を満たしたとして、兵庫県警察に逮捕されました。その後、息子の強姦事件は、神戸地検に送致され、神戸地裁の裁判官の判断により、勾留の理由があるとして勾留になりました。息子の会社役員の資格は資格停止になりますか?また、逮捕と年金受給者との関係性や、留置場への写真の差し入れについて知りたいと思っています。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ

無料相談

facebook

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ