逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
わいせつ事件に強い弁護士をお探しならATOM
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • 風俗トラブル相手と示談したい
強姦の前科や逮捕を防ぐには?動画で解説

風俗トラブル相手と示談したい

風俗店で起こした本番トラブルを示談で解決するには、どうすれば良いでしょうか?

風俗トラブルの示談
デメリット お金がかかる。
→ 示談金、弁護士費用など。
メリット トラブルを早期かつ確実に解決できる。
→ 刑事裁判になる可能性がない
→ 職場や家族にばれることが少ない
→ その後の脅迫や恐喝を防止できる。

デリバリーヘルスやホテルヘルスなどの風俗であっても、無理やり相手の女性コンパニオンを姦淫すれば、強姦罪が成立します。

風俗店での本番トラブルは、無駄な争いを避け、穏便に解決したいのであれば、弁護士を立てて示談で解決するのが一番です。

示談が成立すれば、警察に通報されることも刑事事件として立件されることもありません。スムーズなトラブル解決が期待できます。

風俗嬢との示談ガイド
謝罪 相手方に対して謝罪をすること。
→ 謝罪文などを手渡して行うことが多い。
損害賠償 トラブルに関する損害を賠償すること。
→ 慰謝料、迷惑料、謝罪金など。
示談 トラブルに関する債権債務関係を清算すること。
→ 示談書を作成して、示談金を振り込む。
→ 将来の紛争の蒸し返しを防止する

よくある強姦の弁護士相談

先日、お気に入りのデリヘル嬢と本番行為をしてしまいました。それ以来、店や警察に通報するというプレッシャーをかけられ、お金やブランド品を貢がされています。

私には妻がいますが、デリヘルもよく利用しています。今回のデリヘル嬢はお気に入りの子で、これまで何度も指名していました。今回もその嬢を指名しました。

口や素股でしてもらっているうちに、「気心も知れてきたし、セックスできるんじゃないか」と思ってきました。そこで、嬢に「本番しよっか?」と言ってみました。すると嬢は、「本番はダメですよ?」と答えました。

しかし、そう言った時の嬢は笑顔で、甘えるような口調だったのです。「本当はOKなのだろう」と早合点して、気持ちが高ぶり、嬢とセックスをしてしまいました。行為の最中、嬢は特に抵抗しませんでしたし、嫌がる言葉や素振りは見せませんでした。その日、別れるまでの間も、怒った感じはありませんでした。

しかし、翌日になって、嬢から「昨日のことがショックで、いまだに気持ちに整理がつきません。店にも出られずにいます。今度お話ししましょう」というメールが来ました。実際に会ってみると、食事をおごらされ、高級バッグをねだられたのです。その後も何度もそういったことが続いています。

嬢からは、「店や警察に通報する」とはっきり言われたわけではありません。ですが、いい加減に嬢とのこんな関係は断ち切りたいと思っています。

よくある解決パターン

アトムに相談したところ、嬢との関係を切り出す方法、タイミングや話の持っていき方など、丁寧に教えてもらえました。そして、嬢との実際の交渉も弁護士がやってくれました。嬢を下手に刺激しないよう、細心の注意を払った言葉遣いや態度で交渉してくれました。その結果、示談は無事にまとまりました。

弁護士は示談書の中で、お互いに今後は接触しないこと、嬢が店や警察に通報したり被害届を出したりしないこと、それに違反したときは示談金を返還することといった条項を盛り込んでくれました。

おかげで、その後は二度と嬢から連絡が来ることはなく、風俗店や警察からも連絡を受けることはありません。元通りに過ごせるようになって、安心しています。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ

無料相談

facebook

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ