逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 同意の上の性交でも強姦?

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更があります。詳しくはこちらをご覧ください。

同意の上の性交でも強姦?

このページでは、性交に同意があった場合と強姦罪の成否について解説しています。

同意があれば強姦にはならない(ただし13歳以上の相手に限る)

相手女性の意思に反して性交した場合には、強姦罪が成立します。これに対し、相手女性が性交に同意していた場合には、強姦罪は成立しません。したがって、双方同意の上で性交した場合には、強姦罪は成立しないのです。

ただし、以上は相手女性が13歳以上である場合、または相手が13歳以上だと誤信していた場合に限られます。相手が13歳未満であり、かつそれを知っていた場合には、相手の同意の上で性交をしたときでも、強姦罪になります。これは、13歳未満の者は類型的に判断能力が未熟だと考えられているためです。

以下では、相手女性が13歳以上である場合を想定して解説します。

女性側が事後になって「同意はしていない」と言い出すことがある。

上に述べたように、性交の時に相手女性が同意していた場合には、強姦罪とはなりません。

しかし、相手女性が事後になって「同意はしていなかった」と言い出すことがあります。このような事態は、酒に酔った女性とその場の勢いで性交した場合や、風俗嬢・デリヘル嬢と本番行為をした場合などに起きがちです。

捜査機関は女性側の話に沿って容疑を組み立てる。

捜査機関は基本的に、「被害を受けたと主張する者」の言い分に沿ってストーリーを組み立てます。相手女性が事後になって「同意はしていなかった」と言い出した場合にも、捜査機関は同じように動きます。つまり、捜査機関は基本的に「あなたが相手女性の同意を得ることなく挿入した」という容疑をかけて捜査を進めるのです。

これに対して、あなたが「同意はあった」と主張した場合、あなたは容疑を否認していると理解されてしまいます。そうなると、逮捕される危険性が高まるのです。女性が事後になって「同意はしていなかった」と言い出した場合に「同意はあった」と主張することは、逮捕されるリスクが高くなるということを理解しておいてください。

トラブルになった場合の選択肢

では、女性が事後になって「同意はしていなかった」と言い出した場合には、どう対応すべきでしょうか。

あくまで「同意はあった」という言い分を貫く場合には、逮捕されるリスクは増えますが、容疑を否認し、あなたのストーリーと裏づけとなる証拠とを集める必要があります。

これに対して、相手の言い分に乗ってしまい、「同意はなかったかもしれない」くらいで認めた場合は、一般論としてですが、逮捕されるリスクは減り、釈放・保釈されやすくなる可能性が高まると言えます。

ただし、一度相手の言い分を認めて(つまり、こちら側の言い分は犠牲にして)しまうと、後になって前言を翻して「やっぱり同意があった」と言っても認められにくくなる(言っても信用されなくなる)ことに注意してください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ

無料相談

facebook

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ