逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
わいせつ事件に強い弁護士をお探しならATOM
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • 弁護士紹介
強姦の前科や逮捕を防ぐには?動画で解説

弁護士紹介

  • 1 強姦事件でお悩みの方へのメッセージ

bengoshi_p1

このページにたどり着いた方は、強姦事件で警察に検挙・逮捕されてしまった方、そのご家族やご友人の方ではないでしょうか。その方々へのメッセージです。

強姦をしたと疑われると、ご本人やご家族は、それだけで社会・世間から悪人として見られてしまうことがあるかもしれません。

しかし、ご安心ください。アトム法律事務所は、強姦をはじめとする刑事事件を起こしてしまった加害者側の弁護活動を専門的に取り扱う弁護士事務所で、アトムの刑事弁護士はあなたの絶対的な味方です。

「女性と性行為をしたのは事実だけど、相手の同意があった」「強姦の被害者側と示談して、前科が付かないようにしてほしい」という強姦事件に関するお悩みを、何でも私たちに打ち明けて下さい。私たちは、あなたが事件前の日常生活を取り戻せるよう、全力で弁護します。

office_name

  • 2 全国の支部を代表する弁護士のご紹介

ATOM集合写真

アトム法律事務所の全弁護士の紹介はこちら

弁護士 野根義治のご紹介

弁護士 野根義治
野根義治(のね よしはる)
担当 アトム法律事務所 新宿支部長
弁護士会 第二東京弁護士会
出身 徳島県
趣味 将棋、ジョギング
座右の銘 為せば成る

弁護士 野根義治

ご挨拶

様々な職を経て弁護士になりましたので、その経験を生かし依頼者の話を親身になって聞けることが私の強みだと思っております。
また、ジョギングで鍛えた体力で粘り強く事件に取り組むことができることも私の強みのひとつだと思っております。
「親身」に「粘り強く」、被疑者・被告人の味方であり続けることをお約束します。
被疑者・被告人の人権を擁護するため日々精進を重ねていく所存ですので、何卒よろしくお願いいたします。

弁護士 竹原宏征のご紹介

弁護士 竹原宏征
竹原宏征(たけはら ひろゆき)
担当 アトム法律事務所 北千住支部長
弁護士会 第二東京弁護士会
出身 大阪府
趣味 盆栽、日曜大工
座右の銘 温和勤勉

弁護士 永田将騎

ご挨拶

弁護士の竹原と申します。
自分や、大切な人が刑事事件の被疑者、被告人になってしまったとき、明日の仕事はどうするのか、どのような処罰を受けるのか、本当に事件を起こしたのかなど、わからないことが山積みになり混乱してしまいます。また、人はそれぞれ取り巻く環境も千差万別ですから、求められるニーズも異なります。
わたくしは、そのような困っている方々のパートナーとして、ひとりひとりのニーズに応じた最良の結果が出せるよう、共に考える弁護士でありたいと思っています。
どんな些細なことであっても不安に思っていることがあれば遠慮なくご連絡ください。

弁護士 永田将騎のご紹介

弁護士 永田将騎
永田将騎(ながた まさき)
担当 アトム法律事務所 横浜支部長
弁護士会 横浜弁護士会
出身 神奈川県
趣味 バスケットボール、映画鑑賞
座右の銘 継続は力なり

弁護士 永田将騎

ご挨拶

こんにちは、弁護士の永田将騎と申します。皆さんは冤罪という言葉をご存知でしょうか。簡単にいえば罪を犯していないのに処罰されてしまうことです。このようなことが実際にあるのかと疑問に思うのはもっともですが、最近警察や検察の不祥事が頻発しており、冤罪は現実のものとして存在します。私は冤罪を決して許すことができないという信念のもと、弁護士を志しました。また完全な冤罪でなくても、必要以上に厳罰を加えることは、一部冤罪であり、決して許すことはできないと考えております。
アトム法律事務所は刑事事件を専門とした事務所であり、警察や検察と毅然と対峙します。お困りの方は是非アトムの弁護士を利用してください。

弁護士 野尻大輔のご紹介

弁護士 野尻大輔
野尻大輔(のじり だいすけ)
担当 アトム法律事務所 名古屋支部長
弁護士会 愛知県弁護士会
出身 神奈川県
趣味 水泳、読書
座右の銘 初心を忘れない

弁護士 野尻大輔

ご挨拶

逮捕されたり、訴えられたりしたとき、一人で国家権力を相手に戦うことにはつらいものがあります。
そのような不安を抱えている被疑者・被告人の方の力に少しでもなりたい。
この思いから、刑事弁護士を志しました。

依頼人の方のお話を真摯に聞き、謙虚に向き合うこと。
そして、依頼人の方の利益のため、熱意と粘り強さをもって事件に取り組むことを心がけていきます。
依頼人と刑事弁護士はともに刑事手続きの中を戦うパートナーです。
少しでも不安なことがあれば、是非とも当所の弁護士にご相談ください。

弁護士 代次徹也のご紹介

弁護士 代次徹也
代次徹也(よつぎ てつや)
担当 アトム法律事務所 京都支部長
弁護士会 京都弁護士会
出身 京都府
趣味 水泳、歴史
座右の銘 何事も前向きに行動することが可能性を生む。

弁護士 浦田忠興

ご挨拶

私は、周りに法律家がいない環境で育ったため、弁護士=怖くて近寄りがたいという印象でした。だからこそ、私は、依頼者の方が気軽に悩みを相談でき満足できる弁護士を志し、熱い弁護活動を信念とするアトム法律事務所に入所しました。
刑事事件のスピードは予想以上に早く、わずか一日で状況が激変することも多々あります。「こんな些細な不安を相談してもよいのか」等と悩んでいる間にも状況は悪化しているかもしれません。漠然とした不安を少しでもお抱えならば、一人で悩まず気軽に相談して下さい。一緒に事件と向き合っていきましょう。

弁護士 浦田忠興のご紹介

弁護士 浦田忠興
浦田忠興(うらた ただおき)
担当 アトム法律事務所 大阪支部長
弁護士会 大阪弁護士会
出身 大阪府
趣味 フットサル、ハイキング
座右の銘 ありがとう

弁護士 浦田忠興

ご挨拶

弁護士の浦田です。大阪生まれの大阪育ちですが、縁あって東京にあるアトム東京法律事務所に就職しました。ところが、生まれ育った大阪への思いを断ち切れず、この度大阪支部の開設と同時に大阪に赴任することとなりました。
大阪人の特徴としては、「情」にもろいという事があると思います。日々仕事をしていく中で、私はこの「情」の部分を一番大切にしています。
刑事事件に巻き込まれた方は、ご本人もご家族もご不安な日々を過ごされていることかと思いますが、そんなときは是非アトム法律事務所の門を叩いてみてください。我々が最初から最後までご依頼者様の目線に立ったサービスを提供させて頂きます。

弁護士 野崎元晴のご紹介

弁護士 野崎元晴
野崎元晴(のざき もとはる)
担当 アトム法律事務所 福岡支部長
弁護士会 福岡県弁護士会
出身 岡山県
趣味 バイク、ボクシング
座右の銘 一期一会

弁護士 野崎元晴

ご挨拶

弁護士の野崎です。警察の捜査を受けたり、逮捕されてしまった場合、刑事事件の被疑者となってしまった場合、様々な不安が生じると思います。いつ釈放されるのだろうか、仕事は続けられるだろうか、家族は大丈夫だろうか、この先の生活はどうなるのだろうか。
私はそういう方々の力になりたいと思いアトム法律事務所に入所しました。
法律事務所に電話するのはそれだけでも不安なことかもしれません。刑事事件に巻き込まれていればなおさらです。しかし、弁護士であればできることがあります。刑事事件で悩まれている方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。

  • 3 アトムグループ

アトム法律事務所弁護士法人は、刑事弁護活動を実際に行う新宿・北千住・横浜・名古屋・京都・大阪・福岡の支部事務所と、法人全般の管理業務を行う本社事務所によって構成される刑事弁護サービスグループです。

特徴1:ご依頼者様の罪が軽くなる。

日本で数少ない刑事事件を専門に取り扱う弁護士事務所であるアトム法律事務所なら、これまでの日本全国で積み重ねてきた経験と実績に基づき、捜査機関や裁判所とタフに交渉し、ご依頼者様に有利な結果を取り付けることができます。その結果、ご依頼者様は事件を起こす前と同じ生活を再び取り戻すことができます。

特徴2:ご依頼者様の勾留期間が短くなる。

新宿・北千住・横浜・名古屋・京都・大阪・福岡に弁護士事務所があるアトム法律事務所なら、ご相談を受けてから直ちに日本全国の警察署に出張し、事件に対応することができるため、ご依頼者様の勾留期間を短くすることができます。その結果、ご依頼者様は釈放された後、これまでと同じ職場や学校に復帰することができます。

特徴3:被害者の方と仲直りできる。

日本一を目指して刑事事件の相談を専門に取り扱ってきたアトム法律事務所なら、これまでの日本全国で積み重ねてきた経験と実績に基づき、ご依頼者様と被害者の方の仲をスムーズに取り持つことができます。その結果、ご依頼者様は被害者の方と仲直りし、その後の捜査や裁判で有利な取り扱いを受けるができます。

ATOM 全国

  • 4 組織概要

アトム法律事務所弁護士法人は、刑事事件に強い弁護士と専門スタッフによって組織された刑事弁護団体です。組織一丸となって刑事弁護に取り組むことで、他の法律事務所には真似できない大きな成果を上げてきました。

名称 アトム法律事務所弁護士法人
Atom Legal Professional Corporation
ミッション 「時代に最適化された技術で社会に潜在する法的ニーズを抽出し、相談者の要望を汲み取り最高の結果を残すことで、バランスの取れた日本社会の実現に貢献すること」が、アトム法律事務所のミッションです。
代表者 弁護士 岡野武志 (第二東京弁護士会)
弁護士数 13名(平成27年12月現在)

弁護士 浦田忠興(大阪弁護士会所属)
弁護士 太田宏美(第二東京弁護士会所属)
弁護士 岡野武志(第二東京弁護士会所属)
弁護士 加藤孔明(愛知県弁護士会所属)
弁護士 竹原宏征(第二東京弁護士会所属)
弁護士 永田将騎(横浜弁護士会所属)
弁護士 野﨑元晴(福岡県弁護士会所属)
弁護士 野尻大輔(愛知県弁護士会所属)
弁護士 野根義治(第二東京弁護士会所属)
弁護士 藤垣圭介(大阪弁護士会所属)
弁護士 松毛耕介(第二東京弁護士会所属)
弁護士 代次徹也(京都弁護士会所属)

事務職員数 20名(平成26年6月現在)
所在地 アトム法律事務所本社
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-17-10 サンハイム永田町9階
Email info@atombengo.com
アトム法律事務所新宿支部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル8階 地図はこちら
Email tokyo@atombengo.com

アトム法律事務所北千住支部
〒120-0034 東京都足立区千住2-22 SKビル3階 地図はこちら
Email kitasenju@atombengo.com

アトム法律事務所横浜支部
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-11-5 相鉄KSビル8階 地図はこちら
Email yokohama@atombengo.com

アトム法律事務所名古屋支部
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-13-7 西柳パークビル3階 地図はこちら
Email nagoya@atombengo.com

アトム法律事務所京都支部
〒600-8008 京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町8 京都三井ビル3階 地図はこちら
Email kyoto@atombengo.com

アトム法律事務所大阪支部
〒530-0057 大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビル2階 地図はこちら
Email osaka@atombengo.com
アトム法律事務所福岡支部
〒810-0041 福岡市中央区大名2-8-22 天神偕成ビル2階 地図はこちら
Email fukuoka@atombengo.com
業務内容 刑事事件の加害者側を弁護する活動
(具体例)

・ご依頼者様が警察に逮捕されるのを阻止する活動
・ご依頼者様を留置場から釈放する活動
・ご依頼者様が刑務所に収監されるのを阻止する活動
・被害者の方との示談交渉
・無罪を主張し、ご依頼者様の無実を証明する活動

過去の実績 こちらのページをご参考ください。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます 上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件のよくある相談

逮捕されたくない
前科をつけたくない
クビになりたくない
示談をしてほしい
示談金の相場
風俗本番は強姦になる?

強姦事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
強姦事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強姦事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強姦事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

強姦事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ

無料相談

facebook

漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ